【福岡】30代からのダイエット成功の秘訣!フィットネストレーナー岡島翔太のブログ

ダイエットや運動指導をするフィットネストレーナーの岡島が語るブログ

第六感を磨いて危機的状況を回避する

友だち追加
昨日、調子に乗って揚げ物を食べたら
 
その油が悪かったのか顔面に炎症が出まくっています。。
 
内臓も疲労しているでしょうから今日はおとなしくしておきます。。
 
 
 
さて第六感ってあると思いますか?
 
僕はあると思っています。
 
そしてそれを磨くことができると思っています。
 
 
 
第六感というとエスパーとかサイキックなイメージがありますが
 
第六感という名前がついているからには
 
感覚として感じることができるはずです。
 
 
 
というか五感がそもそも物ありきで成り立っているので
 
第六感でもある何かの存在を感じ取ることができるんです。
 
 
 
ちなみに五感が物ありきで成り立っているというのは
 
ご飯を食べて味を感じるとか、物を触って質感を感じるとか
 
そんな事を言っています。
 
つまり何か感じる対象があるんですね。
 
 
 
そして第六感というのは何か考えたことがありますか?
 
もちろん霊的なある意味サイキックな感覚ではあるし
 
それがあっての第六感ということではあるけれど
 
 
 
個人的には五感が究極に研ぎ澄まされた結果
 
感じ取るものが第六感によって感じられるものだと思っています。
 
 
 
例えば動物を見ているとわかります。
 
いきなりカラスが大量に飛び立ったかと思うと
 
地震が起きたり何か災害が起きたりするのは
 
 
 
カラスが全てエスパー能力があるわけではなく
 
通常の人間では感じ取ることができないほど
 
微細な変化を五感を通して感じ取っているわけで
 
 
 
その結果として
 
「何だか変だな、危なそうだな」
 
という判断をしているわけです。
 
 
 
通常、私たちが五感で感じ取ることができる程度の感覚って
 
熱い冷たい、辛い・苦い・甘い、硬い柔らかいとか
 
そんなとってもわかりやすいものであって
 
 
 
動物は本当に気付かないくらいの
 
微細な変化を感じ取ることができるから
 
危機管理能力が高いんですね。
 
 
 
でも人間でもその六感を磨くこともできるんです。
 
例えば武術の達人は背後から攻撃を受けても避けられるし、
 
相手の攻撃を先読みして対策を取ることができます。
 
 
 
これは達人が生まれながらにして
 
エスパー(その可能性もありますが)ではなく
 
五感を研ぎ澄ませている結果、
 
 
 
あらゆる微細な変化を感じ取って
 
それを肉体の行動に移しているから成せる技なんですね。
 
 
 
それで例えば運が悪い人っていますよね。
 
何をやってもうまくいかないし、何かと悪いことに巻き込まれる
 
そんな人が多分知り合いに1人くらいはいるのではないでしょうか。
 
 
 
僕から言わせればそういう人は力の使い方が間違っているか
 
体の状態が悪く、五感の感度が非常に低い
 
というパターンです。
 
 
 
実際にそういう人の生活を観察していると
 
だいたい乱れていますし、表情や皮膚の状態、
 
話していることを聞いても体の状態が悪いのがよくわかります。
 
 
 
こういう人は五感の感度が低い=第六感が働きにくい
 
 
 
ということになるので
 
さっきも書いた動物的な危機管理能力が低い状態に
 
陥っていて
 
 
 
結局のところ周りが悪いとかそういうわけではなく
 
ただ単に自分自身で悪い環境に身を置き続けている
 
のが運を悪くしている結果なのだと思います。
 
 
 
もし第六感が働いている状態であれば
 
悪い環境に身をおいていれば離れるタイミングもわかるし、
 
それができれば最悪のケースになることは十分に避けられます。
 
 
 
それでまずは五感を磨くことが大事なのですが、
 
それにはまず食生活を正すこと、
 
コンビニ弁当などの既製品をなるべく食べないようにすること
 
 
 
こうしたことが有効です。
 
詳しい方法を書くと日付が変わってしまうので
 
今回は避けますが、何よりも体を整えることが大切です。
 
 
 
実は僕は断食(ファスティング)の指導者でもあるのですが、
 
ファスティングは五感を研ぎ澄ませるのにもってこいなんです。
 
だからファスティングを行った結果、運が良くなったという人もいるんですね。
 
 
 
個人的には健康法としてのファスティングも好きですけれど、
 
こうした感覚を研ぎ澄ませて運を良くしていくということ
 
にも十分に使えると思っています。
 
 
 
やはり古代からの叡智である断食も良いものなんですねー。
 
第六感を磨くためにはまず体を整える!
 
これが最大のポイントです。