忙しいあなたでも運動が続けられる!三日坊主にならず結果が出せるダイエット&運動 岡島先生のブログ

ダイエットや運動指導をするフィットネストレーナーでありながら人の天命を鑑定する占星術師でもある岡島が語るブログ

海外に行けば人生変わるかもという幻想について

友だち追加
ボディ&マインドアドバイザーの岡島です。
 
 
 
僕はどういうわけか幸運にも海外で
 
仕事をすることができているわけですが、
 
いろいろと過ごしてみて思うのが
 
 
 
海外に行っても別に人生変わりません(笑)
 
 
 
最近はLCCもあるしネットを使うのも当たり前なので
 
日本国内にいながらにして海外の情報を得ることができるし、
 
下手すればグーグルマップで妄想トリップなんかできちゃうわけです。
 
 
 
これが20年や30年以上前であれば
 
海外に行くこと自体が大冒険で、それこそ海外経験者の希少価値といえば
 
かなりのものがあったでしょうし
 
例えば英語が話せるだけでも十分な強みになったことでしょう。
 
 
 
でも今となっては英語を話せる日本人もかなり増えているし
 
海外に行くことへの障壁も昔ほどはないでしょうから
 
全然、気軽に海外に行けちゃいますよね。
 
 
 
それで僕も以前は
 
海外行ったら人生変わるかも…!!
 
みたいな淡〜い幻想を抱いていましたが、
 
今となって言えるのは
 
 
 
 
別にそんなことないし。
 
別に語学を学んだってなんてことないし。
 
 
 
 
まあ行っただけでは意味ないですよね。
 
わかりきっちゃいますが僕の周りの人でも
 
結局、行っただけでしょって人多いです。
 
 
 
まず英語なり何語なり、語学を学ぶことで
 
ある意味コミュニケーションを取れる人が圧倒的に増えるので
 
自分の世界は格段に広がりますが
 
 
 
言語はあくまでもツールです。
 
それ自体ができたからってなんの意味もありません。
 
 
 
日本語が話せます。
 
英語が話せます。
 
中国語が話せます。
 
 
 
それで!?!?
 
人が言葉を話すのは当たり前でしょ!?!?
 
言葉自体に価値はありませんよね。
 
 
 
まず海外に出るのであれば言語を習得することが
 
目的になっていては全くもって意味がなく
 
言語を習得する先に何か考えていないと意味ありません。
 
 
 
あと海外に行くことのメリットとしては
 
新しい経験が積めるところでしょうか。
 
 
 
日本は幸いなことに安全で変なこともそうそう起きないので
 
特に衝撃体験なんかすることもありませんが、
 
海外に出れば自分にとっては非日常でありえないことが多々起きます。
 
 
 
アジア圏はもうこちらが日本人だとわかると
 
完全にボッタクリモードに入るし、
 
基本、ボッタクってきます。
 
ですからまず交渉から入ることが必須になってくるので
 
交渉力もつくでしょう。
 
 
 
人の働き方も違えば時間感覚も違うし
 
ニワトリの鳴き声で起こされることもあったりします(笑)
 
 
 
あらゆる経験を積むことで
 
多少はタフになれるというのも海外に出るメリットかと思います。
 
 
 
それで個人的に海外に出ることのメリットとして大きいのは
 
こうした新たな経験を積むことで
 
 
 
 
脳みそがボコボコにされる
 
 
 
 
ということです。
 
様々な刺激が脳みそに入ることで新たな思考回路が生まれ
 
今まで考えなかったようなことを考える機会が生まれます。
 
 
 
その結果として人間的な成長というのが見込めると思います。
 
 
 
ただ、こうした経験はおそらく誰しも体験することで
 
僕はその先にもう一つ越えなければならない壁があると思っています。
 
 
 
先日、とある方と話している中で
 
「人に必要なのは自分の脳みそを鍛えることだ!」
 
みたいな話になって
 
 
 
結局、日本が財政的に危ないとか仕事がとか
 
いろいろ悩みとかあるけれど、
 
結局は自分の脳みそを鍛えて何が起きてもどこでも
 
やっていけるようにするのが一番だということでした。
 
 
 
この脳みそを鍛えるというのは新たな体験をするだけでなく、
 
その先にある価値を生み出すということを言っており、
 
語学ができるようになったとか経験を積んだとかいう
 
その先に
 
 
 
 
自分はこんなことができるんだ!
 
こんな価値を生み出せるんだ!
 
 
 
 
ということを言えるor 誰かに感じさせる
 
ということなんです。
 
 
 
語学ができます、
 
海外でこうした経験を積んで自分って小さいなと思いましたとか、
 
海外での衝撃体験を高らかに話したところで
 
 
 
で、あんた何が出来んの??
 
 
 
ってことになりますよね。
 
それで僕が大事だと思うのが
 
こうした脳みそをボコボコにされる経験をしたら
 
 
 
それを料理するようにして
 
うまくアウトプットもしくは体現することです。
 
 
 
言うならば様々な経験は自分という冷蔵庫・食材庫に
 
たくさんの食材や調味料を詰めることで
 
それをどう料理するかは自分次第です。
 
 
 
せっかく海外に行ったのに何も変わっていないという人は
 
この料理するということができていないと思うんですよ。
 
食材単品を見せて勝負しているみたいな感じで(笑)
 
 
 
ですから、海外に行って変わるかどうかというのは
 
まさに自分次第なわけでして、
 
現地で何を考えて何をするかにかかっています。
 
 
 
まあ人間そんなに行動パターンとか
 
海外に行ったところで変わりませんし(笑)
 
 
 
僕は基本的に出不精であまり外に出ないタイプで、
 
東京にいた時は都心のど真ん中に住んでいましたが
 
基本的には都会ライフを満喫することなく、
 
質素にひっそりと暮らしていました。
 
 
 
それが海外に出た今も変わることはありません。
 
別に毎日観光みたいなこともしませんし、
 
こうしてブログを書いたりネットで情報収集したり
 
基本的に日本にいるときとやっていることは変わりません(笑)
 
 
 
これから海外に出てみたいという人に言いたいのは
 
とりあえずって感じではなくて
 
現地でどんなことをしたいのかちゃんと考えてから
 
行った方がいいんじゃないってことです。
 
 
 
語学のためだけに行くのはもったいないです。
 
 
 
でも、一度どんな国かどんな人がいるのか
 
何があるのかを実体験として経験する分には良いと思いますので
 
LCCもあることですから、とりあえずその国に1度行ってみるといいと思いますよ。
 
 
 
それでは。