【福岡】30代からのダイエット成功の秘訣!フィットネストレーナー岡島翔太のブログ

ダイエットや運動指導をするフィットネストレーナーの岡島が語るブログ

感情も健康も人間関係も淀みを作らないこと

友だち追加
自然界では水や空気は流れが止まると
 
どういうわけか淀んでしまいます。
 
 
 
水なんかは顕著で流れを止めておくと
 
汚く濁ってしまいますよね。
 
空気だってずーっと部屋を閉め切っていると
 
なんだか重たい印象を受けます。
 
 
 
これは自然だけでなく人間にも当てはまり、
 
健康はもちろんの事感情にも当てはまると
 
僕は考えています。
 
 
 
肉体がわかりやすいので先に例を挙げると
 
体の不調は基本的に淀みをなくしてやれば
 
良い方向に向かっていく事が多いです。
 
 
 
例えば体がムックムクにむくんでいる人は
 
体のコンディションを整えて
 
血液や組織液などの体液を流しやすくして
 
あとは余計な水分がちゃんと排出されるように
 
いくらか栄養方面からアプローチすればいい感じになりますし、
 
 
 
他にも便秘の人は便秘を改善するように
 
してやるといろんなことがよくなってきます。
 
 
 
これが逆にずーっと溜まっていて
 
淀んでいるとそれだけで調子が悪くなる
 
傾向にあるんですよね。当たり前といえば当たり前ですが。
 
 
 
それでここからは超自論ですが、
 
僕は肉体に淀みがあると心にも淀みが発生すると思っていて、
 
さらに感情に淀みがあると物事が前に進まなくなると思っています。
 
 
 
何かをしたいと思っているのにそれを押し殺し過ぎていたり、
 
逆に嫌なことがあるのに改善せずにそれを放っておいたり
 
 
 
そうしたことをすると感情にも流れがなくなり
 
結果的に病んでしまったりします。
 
 
 
それをちゃんと流れるようにするためにも
 
まずは肉体の淀みをなくし、
 
そもそもの体のサイクルを整えることで
 
精神のベースが安定してきます。
 
 
 
そこから感情の処理をしてやるといいんですね。
 
 
 
やりたいことがあるんだったら正直にやってみるとか
 
言ってみるとか、
 
嫌なことや困ったことがあるならそれを解消するようにするとか
 
 
 
あとは感情を紙に書いて大放出するのも手だと思います。
 
 
 
そうすることで肉体と精神のバランスが取れてきて
 
普段の生活もぐっと楽になってくるはずです。
 
 
 
また、これは人間関係にも言えることで
 
ずーっと付き合う人が変わっていないとか
 
人の入れ替わりに耐えられないとか
 
そういったことも淀みを作る原因となるので
 
 
 
ある程度の人間関係の変化も
 
受け入れられるとすごく良い感じになります。
 
 
 
自分自身も常に変化していることを考えると
 
人間関係にも変化が出てくるのは至極当然のことですしね。
 
 
 
変化があると拒絶したくなったり
 
前に進むのを躊躇してしまいがちですが、
 
そこはしっかりと体と心を整えて
 
乗り越えていきたいものですね。
 
 
 
では。
 
ボディ&マインドアドバイザー
岡島