【福岡】30代からのダイエット成功の秘訣!フィットネストレーナー岡島翔太のブログ

ダイエットや運動指導をするフィットネストレーナーの岡島が語るブログ

水をたくさん飲むのが体にいいと思ってませんか?

友だち追加
僕は水をたくさん飲むことが良いとは
思っていませんし、まして
水を飲めば飲むほど体にいいかといえば
全くもってそんなことは思っていません。
 
 
よく一般的には1日に2L以上を
目標にして水を飲みましょう
 
 
ということが言われますが、
それはただの目安であって
人それぞれで必要な量は変わってきます。
 
 
ただし、例えば便秘の人で
便が硬くてなかなかでない場合には
食物繊維を取ろうとしてせっせと
野菜を食べるという人もいますが、
そうした人は同時に水も意識的に
飲む必要があるんです。
 
 
また、そもそも水は命の源ですから
重要なのは言うまでもありません。
 
 
ですが、普通に生活していれば
そんなことはほぼ起きないし、
水はたくさん飲むことで
弊害もあったりします。
 
 
例えば水を飲みすぎて
水中毒になることもあるし、
 
 
普段からむくみが強い人が
より意識して大量の水を飲んだところで
そもそも体液の循環がうまくいっていないので
さらにむくみが加速する可能性があります。
 
 
これが俗に言う水太りですね。
 
 
こういう人はまず水を飲むよりも
食生活を正して
内臓のコンディションを整えたり
より筋肉の状態を良くすることも大事ですし、
 
 
ノンカフェインで利尿作用のある
お茶なんかを活用してまずは余分な
水分を体外に出すことも大事になってきます。
 
 
そうして体液の循環が
うまくいくようになった上で
水を飲めば効果的かもしれません。
 
 
ただし、水をたくさん飲むことで
体が冷えてしまうというデメリットもあるので
飲むならばせめて常温のものを
喉が渇いたら飲む程度で大丈夫でしょう。
 
 
1日2L以上なんて意識する
必要もありません。
 
 
だいたい1〜2Lくらいの間で
十分だと思います。
 
 
あと、水分補給に関して
付け加えるならば
甘いものやコーヒーは
水分補給のうちに入りません。
 
 
もちろんお酒も(笑)
 
 
もしあなたが水分うんぬんの前に
甘い飲み物を頻繁に飲んでいたり
コーヒーを過剰に飲みすぎているならば
まずはそこを水にすることをお勧めします。
 
 
それだけでも体調面、美容面
そして体型までも変わってきますよ。
 
 
まあ水は大事ですが
がぶ飲みする必要は全くありません。
 
 
では。
 
 
ボディ&マインドアドバイザー
岡島