忙しいあなたでも運動が続けられる!三日坊主にならず結果が出せるダイエット&運動 岡島先生のブログ

ダイエットや運動指導をするフィットネストレーナーでありながら人の天命を鑑定する占星術師でもある岡島が語るブログ

〜しなきゃいけないの9割は思い込み その2

友だち追加
〜しなければならない
こうあるべきだということの
ほとんどはただのあなたの思い込みです。
 
 
または常識とでも言えばいいのでしょうか。
常識というのは実に曖昧なもので
あなたが所属するコミュニティによって
その内容は大きく異なってきます。
 
 
実のところ多くの人が
そうしたとても曖昧な決まりごとを
自分で勝手に作ってそして
自分で勝手に自分を縛っていたりします。
 
 
例えば
 
お金をたくさん稼がないと豊かになれない、
生活を安定させなければならない
 
 
という考えに関しても
もちろん生きていくのにお金は
あるに越したことはありませんが、
 
 
案外、そんなこともなかったりします。
田舎で自給自足の生活を送って
十分に毎日を楽しむことも可能ですし、
 
 
物価の安い国や地域に行くことで
そこまで収入がなくても十分に
豊かな生活をすることができます。
 
 
現に、今僕はこの記事を
タイのバンコクで書いていますが、
食事に関してはタイ料理でよければ
1日3食食べても500円以内で収まりますし
 
 
住居もピンキリですが
家賃2万円前後でジム、プール付きの
物件なんてゴロゴロあります。
 
 
もしあなたがクラウドソーシングを
利用して仕事をしたり、
アフィリエイト等の広告収入や
コンテンツ販売などで収入を得られれば
 
 
日本の平均的な収入でも十分豊かな
生活をすることが可能になるんです。
 
 
 
また、別の例を挙げると
 
 
仕事は汗水たらしてしなければならない
ということに関してもそうではなくて
 
 
仕組みであったり正しく価値提供が
できているかどうかによって
労働をどれだけする必要があるか
変わってきますし、
 
 
1日3食食べなければならない
という考えについても
全くの思い込みであり
1日2食や1食でも人間は
十分に生きていくことができます。
 
 
さらにはダイエットにおいて
痩せるためには強烈な努力と
根性が必要だと思っている方も
多いかもしれませんが、
別にそんなことはありません。
 
 
楽して痩せる方法なんて
いくらでもあります。
努力しなきゃ変われないというのは
ただの美学であって、
こんなことコツさえつかめば
なんてことはありません。
 
 
こうしたように
〜しなきゃいけないというのは
実はとても限定的な考え方で
自分自身の可能性を大いに
狭めてしまいます。
 
 
人間関係においても同じで
人間関係を気にするあまり
自分が本来したことができない
といった人がとても多くいることから
 
 
必ずしも人間関係に縛られる
必要はないわけです。
 
 
本当に大事なのは
〜しなきゃいけないということよりも
あなた自身がどうしたいかということで
 
 
そんなどうでもいいことに
縛られている時間がもったいないです。
 
 
僕が思うに縛られているものが
少なければ少ないほど
よりスムーズに事を運ぶことが
できるので
 
 
僕はいつも
 
 
「〜しなきゃいけないかな。。」
 
と思った瞬間に
 
「それ、本当に?」
 
 
と問いかけることにしています。
その結果、「そんなに大事じゃないよな」
と思えばスルーしますし、
大事だと思えば行動に移します。
 
 
なので、もしあなたが
〜しなきゃいけないことに
縛られていると感じるのならば
改めて、それが本当に自分にとって
必要なことか考えてみてください。
 
 
では。
 
 
ボディ&マインドアドバイザー
岡島