【福岡】30代からのダイエット成功の秘訣!フィットネストレーナー岡島翔太のブログ

ダイエットや運動指導をするフィットネストレーナーの岡島が語るブログ

大阪→宝塚→神戸と移動して人に会って思った事

友だち追加
この前
福岡から大阪に行き、
大阪から宝塚を経由して
神戸にも行ってきました。
 
 
主な目的はとある人に
会う事だったのですが、
無事に会う事ができた事を嬉しく思います。
 
 
ちょっと思ったんですけど
人間関係って面白いですね。
 
 
直感を頼りに新しく会う人とは
これでもかというくらいに
興味深い話ができたり聞けたりもしますし
出会えてよかったなとも思えます。
 
 
逆に以前から知っている人で
関係が弱くなっていたとしても
久々に会うとこれまた
面白い話ができたり聞けたりするという。
 
 
なんとも不思議な感じです。
 
 
実は僕、友達という概念が薄いみたいで
普段からよく会って遊んだり
飲みに行ったりするような人って
ほぼいませんし、
そういった関係が沢山あることについて
興味もありませんし羨ましいとも思いません。
 
 
でも逆にこれがいいのかもと思ったりもします。
 
 
人と馴れ合うことに興味がない分
人間関係において年齢や性別、
頻繁に会うかどうかや仲間意識があるかどうかなど
そういったことはほぼ無視されます。
 
 
なので新しい人と会うときにも
なんの抵抗や偏見もなくその人を迎えることもできるし
別に長い間会っていなくとも
急にふらっと会いに行くことも簡単なのだと思います。
 
 
それを今回実感したわけです。
新しい出会いと久々の再会の両方を
1日で経験したことで
なんとくこうしたことを思い、
人間関係って面白いなと。
 
 
人はずっと縁が繋がっていないと
いけないとか、ずっと頻繁に会うことが
良いことだと思われがちですが、
僕はまたすれ違いや離れることも
大事なんじゃないかと思います。
 
 
いくら家族や恋人でも親友でも
ずっとべったり四六時中一緒にいたら
関係に面白みを見出すことはできません。
 
 
1日の中でもお互いが
仕事に行ったり、どこかに用事で出かけたり
ほんのすこしの間離れ離れになるという
ことがあるからこそ再会した時に
お互いの体験を共有しコミュニケーションが
生まれると思うんです。
 
 
それが1年だったら1年分の
体験を共有することにもなるので
関係が弱くなることもまたアリなのだと思います。
 
 
そんなことを思った1日でした。
 
 
 LINE@でもお友達になりましょう!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
友だち追加